ブックランドあきばのブログ

岡山、倉敷にある郊外の書店の日常、楽しい本との出合いを紹介しています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

2014年まんが大賞発表 

先日2014年の受賞作品が発表されました

乙
『乙嫁語り』 エンターブレイン 森薫
見事大賞を受賞いたしました。

過去に惜しくも2位が2回が有りましたが
今回やっと、やっとの受賞(涙)v(・_・) ブイッ


さて2位以下は

2位『僕だけがいない街』 角川書店  三部けい
ぼく

3位『さよならタマちゃん』 講談社 武田一
たま

4位『七つの大罪』 講談社 鈴木央  
大罪

5位『ひきだしにテラリウム』イーストプレス  九井諒子
ひきだし
 
6位『重版出来!』 小学館 松田奈緒子
重版

7位『ワンパンマン』 集英社 原作:ONE 作画:村田 雄介
ワンパン

8位『亜人』 講談社 桜井画門
あじん

9位『足摺り水族館』 1月と7月 panpanya
足摺

10位『坂本ですが?』 エンターブレイン 佐野菜見
坂本

さてさてこの一年でまたどんな作品に出会えることが
出来るのでしょう、楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: まんが

ジャンル: 本・雑誌

個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

予想してみた 

まだ気が早い気がしますが
 
某誌のコミックアンケートのFAXが来てましたが
設問が多すぎて今回はスルーさせてもらったので

来年の「この漫画がスゴイ」と「まんが大賞」にノミネート
されるであろうタイトルを勝手に予想してみた。
(男性作品だけですが・・・・) 

ではまずは
「聾の形」こえのかたち  講談社  大今良時  週刊少年マガジン連載
聾


たしか別冊かなにかで読みきり作品だったものが本誌にて連載になりました。
耳の聞こえない転校生と元気で向こう見ずな少年が
最悪の出会いが小学生の時にあり
時を経て、高校生(中学生だったかな)になった2人が再会。
そこから物語はリスタートするのです。
昨日入荷の新刊です。先は全くよめませんが
これから是非キテ欲しい作品です。

続いて
「ギャングース」 講談社 肥谷圭介  モーニング連載
ギャング
裏稼業な輩を狙って暗躍する若き3人組の窃盗団なお話、
コミカルかつシリアスでテンポよく進んで話は進みます。
彼らは決してヒーローではない、だけど
懲悪改善的な面白さがあります。
裏稼業な方々の注釈も面白いですよ。

昨年どこかのランキングでベストテンに入ってましたが
個人的に推しコミックなので

「四月は君の嘘」 講談社 新川直司  月刊マガジン連載
四月
ベック・のだめ・ピアノの森などのいわゆる音楽漫画
幼少のころよりピアノコンクール総なめにしてきた主人公が
ある出来事によってピアノを触ることが、いやピアノの
音が聞こえなくなってしまった。
中学生になりある天真爛漫なヒロインと出会い
そこから主人公の音楽はまた始まるのであった。
過去の悲しさを乗り越えた頃に、また新たなる悲しみ出会う
彼ら・・・
音楽を通じたボーイミーツガール
良作です。悲しい結末になって欲しくないな。


講談社ばかりになってしまった
最後に
「坂本ですが?」 エンターブレイン 佐野菜見  何に連載しているのだろうか?
さかもと

一言だけ・・・・・スタイリッシュ
これに尽きます
間違いなく
各賞のランキングに入ってきますよ、要チェックです。

うん、長くなりました。
続きはまた後日です。

では








個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

マンガ大賞2013 

マンガ大賞2013!!
昨日の21日に大賞が発表されました。
今年はどうなるんでしょうね(^O^)

11作品がノミネートされ、それぞれポイントでランキング
されてます。

まずは同ポイントの10位は
「ぼくらのフンカ祭」 小学館 真造圭伍
undefined

「山賊ダイアリー」 講談社 岡本健太郎
undefined
こちら舞台が岡山です。おめでとうございます(*^_^*)

9位
「テラフォーマーズ」 集英社 橘賢一
undefined
このまんががスゴイ男1位でしたが、ダブル受賞残念です(T_T)

8位
「人間仮釈放中」 大田出版 卯月妙子

undefined
7位
「竜のかわいい七つの子」 エンターブレイン 九井諒子
undefined

6位
「暗殺教室」 集英社 松井優征
undefined
 実は私これが今年の本命かと思ってました
5位
「俺物語」  集英社 アルコ
undefined
 これもこのまんががスゴイの女1位でしたが・・・
 ダブル受賞はなかなか難しいのですね
 少女マンガですが、男性にもとってもオススメなのです!!


4位
「ハイスコアガール」 スクエニ 押切蓮介
undefined
 結構上位に入賞したな~、というのが正直な感想。
 選考したひとは結構同世代が多いのでしょうね(・_・;)


3位
「ボールルームへようこそ」 講談社 竹内友
undefined

2位
「乙嫁語り」 エンターブレイン  森薫
undefined
2011年に続いてまた惜しくも2位!
(その時の大賞は「3月のライオン」でした強敵でしたね)


さて・・・・2013年のまんが大賞は
undefined
「海街diary」 小学館 吉田秋生
ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪☆パチパチパチパチ
秋生って書いて「あきみ」と読むのですね、恥ずかしながら
今まで「あきお」とか思ってました。
2008年に3位以来の登場での大賞です、おめでとうございます。

吉田あきみさんには「BANANA FISH」をかなり愛読してましたので、
感慨深いものがあります。

昨年の大賞の「銀の匙」はアニメ化ですが、「海街」はドラマ向けですね
配役がとても気になります。

でわでわ(^_^)/~
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「警察庁長官を撃った男」 

こんにちは、だいこんです(^^)
今回私が読んで面白かったのは、
「警察庁長官を撃った男」という本です。

時効となった警察庁長官狙撃事件、
実は時効直前に犯行を自供した男がいた、という本。

真犯人とされる男とは、
別の事件で服役中の80代の老人。
この老人、東大中退で頭脳明晰、銃器の扱いは超一流。
数々の凶悪事件を起こし、度胸もある。
ただ身体能力はイマイチで、武装し現金輸送車を襲ったものの、
丸腰の警備員にあっさり取り押さえられ、逮捕。
(シークレットブーツが邪魔したかも)

それにしても、他県で服役中の一老人に目をつけた
刑事警察はえらいなぁ・・・。

物証がある。
犯人しか知り得ない秘密の暴露がある。
裏もほぼ取れた・・・。
それなのに検挙とならなかった捜査本部の裏事情はさておき、

どこでどのようにして射撃の腕を磨いたのか?
アジトと貸金庫にかくされた銃器類の入手先は?
バズーカ砲まであったのだ!)
資金調達の方法とは?(頑張れば我々にも出来るかな・・・)

懸命の捜査によって次々と明らかになっていく衝撃の事実と、
一見、知的で上品な老人の驚くべき正体・・・。
今の時代の日本にこんな奇怪かつ不思議な人間がいたことに、
ただただ驚かされる。

そして、時効によって完全に逃げおおせた
共犯者ともいえる X ・・・
この男もまた何食わぬ顔で社会に溶け込んで
生活しているのだろうと思うと・・・。

ほくそ笑みながら、
この本を読んでいるかもしれない。

警視庁
▼今回ご紹介した本
「警察庁長官を撃った男」鹿島圭介

           (税込:620円)
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「世界中が夕焼け」 

初めまして!
穂村弘のエッセイをこよなく愛する
“だいこん”と申します(`・ω・´)
文庫本や文芸書を担当しています!
よろしくお願いします♪

さて、私が最近読んで面白かったのは、
「世界中が夕焼け」 穂村弘・山田航
という本です。(^^)

この本は、
――――穂村弘の短歌ワールドを山田航が解説し、
更にそれに対して穂村がコメントを返す――――

・・・という珍しい形式なのです(´∀`*)

穂村くんの作品はどこからどう味わえば良いのか、戸惑うばかりで。


穂村ワールド炸裂の作品を少しご紹介!
★カブトムシのゼリーを食べた辻一朗くんがにこにこ近づいてくる
                  ( ※ 辻一朗は、穂村の本名)
・・・穂村くん大丈夫?酔ってたのね?

更にもう一作品。

★「腋の下を見せるざんす」と迫りつつキャデラック型チュッパチャップス

・・・ごめんなさい。もう想像すら出来ません。(´・ω・`)←


この本では、このように少し「???」な歌を、
新鋭歌人の山田航が力強く解き明かしてくれるのです。

山田航は穂村よりも20歳若く、今年に入って大きな賞を2つも受賞している(天才!?)歌人なのですが、
この人の解釈がそれはもう自信に満ちた強気な読みでして・・・。
作者何するものぞ!っていう勢いで。

「これはこうだ!」「こっちはこうなんだ!!」といった具合。
(しかもこの方、前書きまで断定的です(笑))

山田航の自信に満ちた解釈を読んで
「お~~!なるほど。そういう事だったのか!奥が深すぎるぞ!」
な~んて感心していたら、

それに対して次のページで穂村本人が、

「あ・・・山田君、そう読んだの?それは気付かなかったなぁ。」
なんていうコメントがあったり、

「そうそう!さすが鋭いですね~。その通りです。」と褒めてみたり、
「覚えてないんですよね」なんていうコメントまであって
なんか楽しい。

読みが正しいか、そうでないかというのは、さほど重要ではなく、
穂村弘も山田航も言葉の世界でとことん遊んでいるのが
よく分かる本でとても面白かったです。

やはり、穂村くん最高です。

▼今回ご紹介した本
『世界中が夕焼け』穂村弘・山田航
          (税込価格:1,680円)

世界中が夕焼け


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

立体だな 

きゃんです

今、売り場ではパズルが熱い!
透明な立体パズル、可愛らしいナノブロックなど色々揃っていますが
今度入ったのはその名も『3D立体パズル』
パッケージの箱はこんな感じですが、
『3D立体パズル』



組み立てるとこんなにリアルで立体的!
リアルで立体的

種類も続々増えていますので今後にも期待して下さい


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

本です 

きゃんです

本屋のブログなのに本のネタが無いとの指摘が多いので
自分で1本

今回は「海堂尊」で!

海堂尊の代表作といえばデビュー作でこのミス大賞を受賞した
「チームバチスタの栄光」シリーズですが、このシリーズも先日発売された
「ケルベロスの肖像」で完結しました

「チームバチスタの栄光」のヒットは自身の作家としての成功のみならず
このミス大賞にハズレなしと言う評価の幕開けにもなりました

個人的には2作目の「ナイチンゲールの沈黙」で うーん?と思ってしまいましたが
3作目の「ジェネラル・ルージュの凱旋」
そんな気持ちも完全に払拭してくれました
速水のかっこ良さと言ったらもう・・・
これはぜひ3冊(文庫では6冊)続けて読んで欲しい本です
ジェネラル・ルージュ(血みどろ将軍)のいわれに衝撃を受けます

海堂作品の特徴として別々の作品の人物が少しずつクロスオーバーして登場することです
新しい本読んでいると、前に読んだあのキャラクターの背中が少し見えたりして思わずニヤっと
してしまいます


本編は宝島社からの発売で

1.チームバチスタの栄光
2.ナイチンゲールの沈黙
3.ジェネラル・ルージュの凱旋
4.イノセント・ゲリラの祝祭
5.アリアドネの弾丸
6.ケルベロスの肖像  完結
チームバチスタの栄光ナイチンゲールの沈黙ジェネラル・ルージュの凱旋イノセント・ゲリラの祝祭アリアドネの弾丸ケルベロスの肖像
となります


余談ですがTV版の仲村トオルの白鳥はかっこよすぎませんか?
自分の中では奥田英朗/空中ブランコのDr.イラブなんですが・・


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ナイスミドル! 

雑誌「昭和40年男」クレタパビリッシング刊
これ面白い
昭和40年男

ジャンルがはっきりとしていない雑誌なので
店頭でも陳列場所をさがしてしまいがちですが・・
ガチな世代も、そうでない人達にも手に取ってもらいたいです。
価格はたったの680円!

タイトルだけ見るとターゲットが30~40代の半ば男に限定された
ノスタルジー路線の雑誌と思いきや、実際読んでみると
日本が右肩上がりだった時代に、幼少期~新社会人を過ごした世代の
いわば「エネルギー減」を、過去にとどまらずリアル(現在)にも切り込んでくれる1冊ですね
やたらと元気な親父達の仕組みをときほどいてくれます。
創刊から2年以上が経ちますが、しめやかにも、確実に支持を得ています!(たぶん)(・・;)

発売サイクルが「奇数月の11日」と少しゆっくり目なので、忘れた頃に次号が発売で、
危うく買い逃ししそうなのですが、そこは仕事柄、
店頭でお申込み頂ければ、毎号確実にお取り置きさせていただいてます。

次号 Vol.13は 5月11日発売「店着は12日(土)」予定です
ご来店おまちしております。


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

待望の2巻が発売ですよ~ 

「木曜日のフルット」2巻入荷しました。
秋田書店 著 石黒正数

フルット

しかしながら、最後の1冊は
私が買わせてて頂きました(m´・ω・`)m ゴメンヨ~…

一部書店では特典があるようですが
残念ながら、アキバには入ってないんですよ
またまた(m´・ω・`)m ゴメン…

奇しくも今日の朝一に
秋田書店の担当のT氏が来店されてました。
※ ナカナカのナイスガイですよ^^ヨイッショっと(^_^)v

(しかしタイミング悪くお会いできなかったですが・・・
 都合が合えば屋敷ラーメンでも食べにいきましょうね^^)

なぜタイトルが木曜日なの?
と思ってたのですが、週刊チャンピオン
が木曜日発売だからそうなったんですって(゚д゚)!
確か巻末に数ページしか描かれて
ないから刊行速度が遅いんですよね
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

マンガ大賞2012キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

マンガ大賞2012の発表がキタ━(゚∀゚)━!

大賞受賞作品は
『銀の匙 Silver Spoon』
小学館   荒川弘
ぎんさじ

となりました。
こちら記念原画です
http://www.mangataisho.com/data/2012/mantai-2012.jpg

わ・た・しの予想通りでしたs(・`ヘ´・;)ゞ(ドヤッ
昨年の「三月のライオン」も予想的中ですから。

(まー両作品とも順当過ぎてあてて当然ですけどね・・)


その他は
2位:『大東京トイボックス』うめ
3位:『信長協奏曲』石井あゆみ
4位:『昭和元禄 落語心中』雲田はるこ
5位:『25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ』 市川春子
6位:『ドリフターズ』平野耕太
7位:『グラゼニ』森高夕次・アダチケイジ
8位:『アイアムアヒーロー』花沢健吾
9位:『外天楼』石黒正数
9位:『高杉さん家のおべんとう』柳原 望
11位:『日々ロック』榎屋克優
12位:『惡の華』押見修造
13位:『四月は君の嘘』新川直司
14位:『鬼灯の冷徹』江口夏実
15位:『となりの関くん』森繁拓真

やっぱりギャグ漫画が大賞をとる事は難しいのですね・・・・
ですが、2013では是非
今、一勢いがある(と勝手に思ってますが)ギャグ漫画の
「ヒナまつり」に大賞とって欲しいと思います。
ヒナ
(ノミネートだけでもされて欲しいなぁ)

なんだか大賞よりも目立っちゃたけど、まっいっか(`・ω・´)


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ぽん酒好き、必携! 

開梱して手にとった瞬間、「こ、これはッ…!」とおもたワ!
人気月刊誌『dancyu』4月号は、日本酒・大特集号やで!
無人島に持って行きたい一本、と題していろんな銘酒が紹介されてんねん。

『dancyu』4月号

案の定、入荷数日で完売!即、追加注文して再入荷したで~。
お花見シーズンも近づいてきとるし、
長期販売の予定やから、ぜひ手にとってご覧になっとくれやす。
JUGGLERサン、たまには奢ったって~や~(酔っ払ってへんから、念のため)!

因みに、誌面とは関わりなく、ワタシのフェイバリット・ぽん酒ベスト3は、
京都・ハクレイ酒造「香田」、
山形・加藤嘉八郎酒造「大山」、
滋賀・冨田酒造「七本槍」
 (「男山」、「司牡丹」も捨てがたいが…) としておきま。
さ~て、きょうはぬる燗、いや、冷やでキュ~ッと一杯、飲りまっか~!
日本人に生まれてきてよかったワ~。
それで、いいのだ!

個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ラグビー 10 

さぁ、シーズンたけなわとなってまいりました!
TLのプレーオフも決着。
W杯の為、例年と違う日程となった日本選手権が佳境に入っておりますが、
今回は、年始の大学ラグビーと、高校ラグビーの決勝について、振り返ってしばし語ってみよう!

まずは、大学から。
王者、帝京大をあと一歩まで追い詰めた天理大、あっぱれ!
決して大きくないFWが我慢を重ね、強さと決定力に富んだBKが徹底して展開してスコアを重ねる。
その攻撃を統率するのは、主将のSO立川選手。実に玄人好みのラグビーを見せてくれました。
一方、
あの同志社以来の三連覇達成の帝京大、これまたあっぱれ!
各校のマーク厳しい中、勝ちきったのはたいしたものです。
個人的には、ワセダの不振がたいへん悔しいところ。正月の国立に、ワセダの姿がないとはッ。
強かった清宮サンのときの貯金を使い果たしてしまったのか!?
新監督を迎えての来シーズン、奮起を強く願います。
2012大学ラグビー決勝、帝京大

そして、高校、花園の決勝
東福岡高が前半いきなりリードを取ったことで、東海大仰星高は、かなり苦しくなりました。
あえて風下を選んで、前半は耐えて僅差のロースコア勝負を望んでいたハズ。
その目論見が早々に狂ったことが、実力差以上の試合後のスコアとなったのでしょう。
とはいえ、後半残り僅かの時間帯からの怒涛の連続攻撃。シビれましたな~!
イキなレフェリング(!?)で連続してペナルティをもらいつつ、果敢に攻め続けたひたむきな姿は、
学生スポーツの良さを存分に感じさせてくれました。
両校ともに、反則が少ないハイレベルな試合だったことも、特筆すべき点でしたよ。
2012高校ラグビー決勝 東福岡

試合のTV解説の中でも、何度も触れられていたように、
今後の日本ラグビーは、兎にも角にも2019年に向かっていかねばなりません。
振り返ると、競技こそ違え、
2002年(日韓共催)を見据えた90年代のサッカー界も、同様の重圧と戦っていました。
が、出場こそしているものの、W杯で予選プールを突破するにあたってのハードルは、
今日の日本ラグビーの方が遥かに高いように思えてなりません。
しか~し、東福岡高のFB藤田選手のような若き逸材が躍動する様を見ていると、
無限の可能性が広がっているような気がしてきませんか?

ワクワクさせてくれるじゃありませんかッ!

今回とりあげた2試合においては、白熱した試合内容ももちろんのこと、
上述のような明るい兆しを確認できたことに大変、満足感を覚えた次第。

2019年の主役は、キミたちダ~ッ!それでいいのだッ!!

個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

特撮の魅力Part.3 

今回は稀に見る早い更新です。

なぜならB級品は特撮について語らせたら何時間でも………ゲフンゲフン!

では本題へ…。

ガメラ3 邪神覚醒


がめ


この「ガメラ三部作」とにかくよくできております。特にこの邪神覚醒はある意味巨大な人間の味方

主にウルト○マンとかをなんとなく見ている人にとっては衝撃的な着眼点で撮られています。

ガメラはゴジラと違って主に人間の味方ですが当然敵が今時の特撮番組のように何もない広場の

ような所に都合よく現れてくれるはずもなく、ガメラが歩けば人も踏み潰すし、建物も壊れるでしょう。

ましてや火球なぞ吐こうものなら尚更大変なことに・・・

「私はガメラを許さない」若い前田愛ちゃんが言うこの言葉がこの映画の全てです。(あくまで私見)

ちなみに若い仲間由紀恵さんがあっという間に死んでしまう役で出演しています。(ある意味お宝)

まあ何にしろ深い特撮はイイなあと思うB級品です。

ではPart.4でお会いしましょう。
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

コルトパイソン③ 

今回もグリップ改造の続きです。
重り用のくりぬき加工は無事終了。
表面処理の前に、外観の形状も少し変更しました。

左側が加工後

左側が加工後です。上側が分厚い感じだったので削って薄くしました。
他にも気になるところはあるのですが、物理的(技術的にも)に
不可能なので次の工程へ。
色の雰囲気を変えたいので、特に何も考えずホームセンターへ。
日曜大工初心者としては、ニス塗りぐらいしか思いつかず、
とりあえずお手軽な着色ニス(マホガニー色)を購入。
いきなり塗る度胸は無いので、まずは裏側で試し塗り。ところが
「ん? なんか違うな…いや、これじゃない!これじゃないよー!」
ということで、ニスでは求めていたイメージにならないことを学習。
他にもオイルステインとかいろいろ調べ、検討した結果、
「ウォールナットには亜麻仁油」という公式を採用!

亜麻仁油

これを布につけて塗りこんでみました。

1回塗りこんだ状態

右側が1回塗りこんだ状態です。
「これ、この感じだよ!」ということで、塗り&磨きをこの後やっていきます!
色はいい感じになりそうなのですが、一言良いですか?
「くっさいです、これ!」
この臭いが消えるのかどうか超心配です。
これ以外にも、水研ぎしたら反ってしまったり等々
色々ありましたが、はたして装着できるのか?
次回は「完成!」をお届けする(したい)予定です。

考えてみたら、購入してからずっと”グリップ無し状態”デス…。


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「ディア」ではないの「デア」なんです 

先日、TVシーエムでもご存知のデアゴスティーニさんの新商品の説明会に行って来ました。

面白そうなパートワーク(分冊百科)を発売され、今後楽しみなアイテムの一つです。
最後に紹介させて頂きます。

説明会の後には、隣の会場で懇親会なるものがありました。
会場に入ってすぐ目に飛び込んできたのが


丼紙


フォアグラ?・・・丼?
実は私食べたことも、見たこともありませんでした(^^ゞ


丼本体
(本体)

サイズはミニ丼ですが、半端ないカロリーっポイ
ですが、大変な・・もぅ大変な人気で
あっと言う間に


丼売り切れ


二杯食べちゃいました・・・

他にも


かに紙


をはじめ、大変美味しい食事をごちそうになりました。
また、貴重なお話が出来て、大変素敵な説明会でした。

忘れてはいけません(# ゚Д゚)
先月末に、「HMS ヴィクトリー号を作る」が発売されました。
いわゆる??船模型ですが、かなりスケールが大きそうですね(^◇^)
しかし、不器用な私にはちょっと(T_T)
各店で絶賛販売中です。

分冊百科は売り切れの心配がない定期講読(毎号、毎号お取り置きします)
がオススメです(*゚∀゚)

ふね

個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

すばらしき本屋のPOP 

なにわともあれ、まずはコレをご覧あれ!!

宇宙兄弟の美麗POP①宇宙兄弟の美麗POP②

5月5日より映画公開、4月からはアニメも放映開始!
のチョー話題作、
「宇宙兄弟」
の美麗POPをGETしたのだ~!

以前、手書き、手作りの当店自慢のPOPを数々、紹介しましたが、
最近は出版社さん制作のものも出来が良い!
目にした瞬間、「おぉッ!」と声が出るほどの傑作も。
今回取りあげたコチラの作品も、その中のひとつであります。
リアルの本屋には、こんな楽しみもあるのだ。それでいいのだ。










宇宙兄弟の美麗POP おまけ
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

特撮の魅力Part.2 

あけましておめでとうございます? またまた久しぶりの更新になってしまいました。


個人ブログだったらとっくにトップにスポンサー広告がのっているところです(^_^)v

さて本題に行く前にB級品のモンスターハンターP3rdの金冠集めの旅ですが

ウラガンキン亜種241体目にしてやっと最大金冠を獲得し今はドボルベルクに通っています。

まだまだ先は見えない感じです。

先日はGAROを紹介させて頂きましたが今回は急に白鳥百合子さんが見たくなって

DVDを引っ張り出したこちら

電王


「電王」です。敢えて仮面ライダーとは言いません(`・ω・´)キリ

B級品の世代だとドンピシャのタイミングで見ていたのは「仮面ライダーV3」でした。



なので「電王」を仮面ライダーというのはなんか違う?のです。

ただとても良くできたストーリーで続けてみても全く飽きませんしキャラクターにも魅力のある

秀作だと個人的には思っています。

白鳥さんの急な降板で世のおじさんファン達は大変がっくりしましたが(主にB級品個人)

最後まで見ていただきたいですね。

では皆さんご一緒に
  「俺!参上!」
個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

このマンガがスゴイ 男編の続き~ 

だいぶ更新が遅くなってしましまいた(-_-;)

さて、男編の後半デス(^^♪

⑤「3月のライオン」   白泉社 羽海野チカ
ライオン サンガツ

前回のマンガ大賞受賞作品です。
面白い作品が各賞に入選するのは、当然なのですが・・・
各賞代わり映えしないのはどうなんでしょう
この作品自体は個人的に大好きなんですがねぇ~。

④「ハンターハンター」  集英社 冨樫義博
ハンターハンター

もうね、この辺の作品になったら殿堂入りとかで、 
対象から外した方がいいかと思ったりもします(T_T)
一読者としては、蟻編から今の流れは、
とても面白く楽しみな作品です。
伏線もドンドン決まりつつあるので、
終末をむかえるのかなぁ、と、思ったり。


③「ましろのおと」  講談社 羅川真里茂
ましろのおと
こちらも各賞でおなじみの作品デス。
超人気がある作品は、引っ張りだこデスネ^^
以前も紹介したので、パスします(T_T)

②「グラゼニ」講談社 アダチケイジ
グラゼニ2

以前にここででオススメマンガとして紹介してましたね^^
紹介した作品が、賞のランキング上位にくると、とても
嬉しいことですね(∩´∀`)∩
原作者の森高夕次さんは、「俺はキャプテン」などの作者
コージィ城倉さんでした。
これからもドンドン伸びていきそうな作品です。相変わらずの一押しです。

①「ブラックジャック創作秘話」  秋田書店 吉本浩二
BJ創作

この人は、原作故青木雄二で金融の話を書いて以降は、
ほのぼのな画風な作品を書かれてましたね^^
しかし・・・・・・・・
入賞一位になるとは思ってもいませんでしたΣ(゚Д゚;エーッ!
大変失礼したしました(;´Д`)
さて、内容ですが、タイトル通り、マンガの神様
手塚治虫が「ブラックジャック」を連載中の数々の
エピソード、もはや伝説といっても過言ではない
迫力ある絵で書き込まれています。
第一位おめでとうございます。

・・・・・しかし、神の顔があの画伯の絵のように思えて仕方ない(;・∀・)ハッ?


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

このマンガがすごいの続きのまえに 

マンガ大賞2012の作品がノミネートされました。
なので今回は間単にそれぞれの紹介(タイトル・作者・出版社)と
JUGの予想をしてみましょう(・∀・)

以下がノミネート作品です。

「アイアムアヒーロー」(花沢健吾、小学館)
「惡の華」(押見修造、講談社)
「銀の匙 Silver Spoon」(荒川弘、小学館)
「グラゼニ」(森高夕次・アダチケイジ、講談社)
「外天楼」(石黒正数、同)
「四月は君の嘘」(新川直司、同)「昭和元禄 落語心中」(雲田はるこ、同)
「大東京トイボックス」(うめ、幻冬舎)
「高杉さん家のおべんとう」(柳原望、メディアファクトリー)
「となりの関くん」(森繁拓真、同)
「ドリフターズ」(平野耕太、少年画報社)
「25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ」(市川春子、講談社)
「信長協奏曲」(石井あゆみ、小学館)
「日々ロック」(榎屋克優、集英社)
「鬼灯の冷徹」(江口夏実、講談社)

さて・・・予想ですが・・・・
いろんな賞で見かけた作品が多い中・・・悩みます・・・

まずは順当に「銀の匙」が大賞を取りそうな気がします。
前作品「鋼の錬金術師」はダークファンタジジーでしたが
今作品は農学部に通う高校生のお話です。
前の作品があまりのヒットしてしまうと、次作品はどうしても
比較されます。
がっ、「ハガレン」と比較しても遜色ありません(^^♪
詳しくは「少年サンデー」か単行本で(^_-)-☆(二巻まで出てます)

続いては、個人的な予想(と言うか願望)ですΣ(´∀`;)
ぜひ「外天楼」・・・・というか、石黒サにとって貰いたいなぁ
もっと、もっともっと世間に評価されてもいいのに、この人ヽ(`Д´)ノプンプン
頑張れ「それ町」「木フル」!!

最後に穴予想「鬼灯」なんてどうでしょう?
過去にギャクマンガがこの賞をとったような気がしませんが・・・・
連載誌がモーニングですが、実は女性に人気あるんですよ~

なにわともあれ、紹介と予想でした( ´ー`)y-~~

個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

コルトパイソン② 

今回はパイソンのウッドグリップ加工の巻きです。
前回、ウッドグリップに交換すると軽くなってしまうと
書きましたが、下の写真を見てもらえれば理由が分かると思います。

ウッドグリップ加工

真中が純正のプラスチックグリップの内側です。
重くするために鉛のウェイトが仕込んでありますね。
左側がウェイトを外した状態。
で、右側がキャロムのウッドグリップなのですが、
ウェイトの入るスペースが無い!
せっかく苦労してヘビーウェイト素材にメッキしてまで重くしたのに、
軽くしちゃ意味ないじゃん!ということで、買ってきました、彫刻刀
さあ、左側目指して彫り進めるぞ~。

彫り進めるぞ~

嫁と娘の「?何やってんだコイツ」的な視線に耐えつつ、
なんとか右側グリップを削り終えました。
削り過ぎて突き抜けてしまわないかヒヤヒヤでした。
これにウェイトを装着。

ウェイトを装着

これで良し!
左側も彫っていくぞ~。
「(目指している)ゴールの先には何が見えてるの?」と言われたので、
「男のロマン」と返答しておきました(笑)

次回は「オイルステイン?」です。


個人ネタ /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。